FC2ブログ

Entries

ベルリンは晴れているか 深緑野分

2019051720473292b.jpeg
直木賞候補作品。
舞台は第二次世界大戦開戦前から終戦直後のベルリン。一応ミステリーですが、犯行動機の描写もなく、ミステリーというより戦争と市民の話と言った方が的確な気がします。
ドイツ人が書いた小説の翻訳ではなく、その親も戦争を知らない世代の日本人が書いたベルリン。ベルリンは何度も訪れている私の好きな街、読みながら景色を思い浮かべていますが、私が知っているベルリンは復興したベルリンなので、正確にはこの小説で描かれている地域の位置関係を把握するくらいです。
ドイツ共産党、ナチス、ソビエト軍、ユダヤ人、障がい者(作者は障碍者と書いています)、密告者、悲しい苦しいストーリーが続き、普通の市民である登場人物が次々と亡くなっていきます。
でも、最後は希望が見えるハッピーエンドなので、読後の気分が悪くならずにすみました。
余談ですが、この小説にも一回だけ「くぐもった」という表現がありました。最近の作家はくぐもるがお好き。
さておき、この本、おススメします。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

みけのみいこ

Author:みけのみいこ
猫と旅とピアノとビールが大好き。

最新記事

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ブログ
410位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
写真ブログ
95位
アクセスランキングを見る>>

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR